謹んで新年のお慶びを申し上げます!!

CATEGORY : column

謹んで新年のお慶びを申し上げます!!

ニワカソフト謹賀新年

明けましておめでとうございます!!今年もニワカソフトをどうぞよろしくお願いいたします!!

皆様、お正月はゆっくり過ごされましたか??記事の筆者は、年末に学生時代の友人と集まって飲む機会があったのですが、友人たちとの話の中で中々面白い話題があったので、ここで皆様にもご紹介しようと思います。

たまには仲間とディスカッション!!少しブラックな「クルーザー論」

皆様は「クルーザー論」というお話をご存知でしょうか?? 元々は「東京ポッド許可局」という深夜ラジオで紹介された話らしいのですが、 (すいません、詳しくは筆者も知らないんです。FM福岡以外を中々聞く機会がないもので・・・) 要は、大学のゼミであったようなディベートのお題の様なものです。 ですので正解はありませんし、解釈は十人十色になります。

cruiser

早速、「クルーザー論」の本文をご紹介しようと思います。 ルールは簡単!! この話には、5人の登場人物が出てきます。 読んだ後に、この5人の登場人物について、共感できる順に順位をつけてください。

「クルーザー」

突然の嵐に見舞われたクルーザー(大型ヨット)が2艇、無人島の流れ着きました。 1艇には若くてきれいな女性とフィアンセの男性、もう1艇にはヨットマンと老人が乗っていました。 日が暮れて嵐は少しおさまってきましたが、フィアンセの男性が高熱にうなされ、意識不明になってしまいました。

若い女性は、一生懸命看病しましたが、容態は一向によくなりません。 夜はどんどん深まっていきます。彼を助けるためには、医者のいる島まで連れて行くしかありません。 しかし女性はクルーザーの操縦ができませんでした。そこで彼女はヨットマンに助けを求めにいきました。するとヨットマンは「この島から医者のいる島までは2時間はかかる。それに夜の航海はとても危険で、命がけだ」としばらく考えていましたが、「そうですねえ。あなたを今、抱かせてくれたらクルーザーを出しましょう」と言ってきました。

思いもよらない言葉に困った女性は、老人にどうしたらいいか相談しました。老人は「今のあなたにとって何が良いのか何が悪いのか、私には答えられません。自分の心に聞いて自分で決めるのがいいでしょう」と返事をしました。 彼女は悩み苦しみましたが、彼を助けるためにヨットマンの言う通りにしました。 夜明けにヨットマンの操縦するクルーザーは無事医者のいる島に着きました。

3日3晩、男性は生死をさまよいましたが、医者の懸命な看護により、やっと目を覚ましました。若い女性はようやくほっとして彼を抱きしめました。彼女は真実を話すかどうかとても迷いましたが、悩んだ末に正直に全てを打ち明けました。しかしそれを聞いたフィアンセは怒り狂い、「何てことするんだ!お前の顔なんかもう見たくない。出て行け!」と彼女を部屋から追い出しました。

悲しみにくれた女性は、浜辺に座って波を見つめていました。そこに医者がやって来て彼女に声をかけました。 彼女が事情を話すと、「僕には君の気持ちがよくわかるよ。私が彼と話してみようじゃないか。 彼も病気が治ればきっと理解してくれるはずだよ。それまでしばらくの間、私があなたの世話をしてあげよう。」と言いながら、彼女の肩に手をかけました。

というお話です。 この話を読んで、皆さんはどう感じましたか??

登場人物を「共感」できる順にランク付け!!

ちなみに僕は、

共感できる第1位・・・女性
理由:何だかんだで、旦那さんの為に頑張ってるから。

共感できる第2位・・・老人
理由:単に面倒な話に巻き込まれただけ。

共感できる第3位・・・フィアンセ
理由:元々はこの人が病弱なのが原因。

共感できる第4、5位(僕の中では同率です)・・・ヨットマン・医者
理由:人の弱みにつけ込む人は僕は嫌いです。

という答えを出しました。

niwaka_men

自分の意見と他人の意見の相違点をいざ「ディベート」

ちなみにこの答えを発表した所、女性陣からは

「ありえない!!女性が一番共感できない!!」

と、なぜか僕がお叱りを受けました(笑)。 なんでですの!?と理由を聞いた所、

■フィアンセに秘密を話す必要がない!!私なら墓場まで持っていく!!
■自分の罪悪感を消したいだけ。
■頑張った自分を評価して欲しいだけ。

debate

等々、様々な意見を頂きました。うーん、なるほど・・・ しかも、どうやら女性に共感(僕の場合は同情でしたが)する人はあまりいないようで、 自分の意見のマイノリティさにビックリしました。

この「クルーザー論」話しだすと自分以外の意見に、時には「いや、無いやろ」やら「あー、そんな見方もあるね」と なかなか、面白いです!!

皆さんも、気のおける仲間としてみてはどうでしょう?話の内容がちょっとブラックなので家族でのディベートはオススメ出来ません(笑)。 それでは、今年も「ニワカソフト」をどうぞよろしくお願い致します!!