情報貿易・EC事業内容

情報貿易とは?

情報貿易・翻訳

日本と世界をつなぐ企業でありたい、ニワカソフトの理念で言えば「翻訳事業」はツールに過ぎません。

世界のどんなところでもすぐに繋がるインターネット、国内や海外の面白いものは意外とすぐ近くにあるんです。ただし、まだまだ言葉の壁があり、どんなに面白いものでもその国、土地で消費されることがほとんど・・・。

その土地土地で使われている口語的な言葉はもちろん、文化や歴史に沿った翻訳をすることで、アプリやゲーム、ホームページなどのポテンシャルを最大限に引き出し、世界中の人に見てもらうこと。

ただ単純に翻訳するようなやり方では現地の人に理解されず効果が出ません。世界を繋ぐグローバル化とは、全世界に同じコンテンツを提供配信する事ではなく、それぞれの地域に合せて文化や歴史に沿ったローカライズ翻訳を行うこと。

そうやってローカライズしマーケティングをすることは、翻訳という垣根を超えて、国と国をまたいで様々な情報やデータを世界中の人が消費することになります。それを情報貿易と呼んでいます。

ニワカソフトの翻訳はここが違う

  • 文化・歴史に沿ったローカライズ翻訳
  • 日本語、英語、フランス語、中国語(北京語、広東語)と5ヶ国語への対応
  • ローカライズ翻訳後も地域に合った広告展開やマーケティングのサポート
  • 「日本→海外」「海外→日本」どちらのローカライズにも対応

ただ単純に翻訳するようなやり方では現地の人に理解されず効果が出ません。世界を繋ぐグローバル化とは、全世界に同じコンテンツを提供配信する事ではなく、それぞれの地域に合せて文化や歴史に沿ったローカライズ翻訳を行うこと。

面白いものを、その地域に合った伝え方でさらに面白く!ニワカソフトの強みは、地域にマッチした人の心を掴むローカライズ翻訳です。

ニワカのEC事業

ニワカのEC事業

ニワカソフトでは実際に物販も行っております。今後は自社で販売サービスを構築することを目標にまずは楽天ショップなどでバランススクーターなどを販売しております。

面白そうだなぁと思ったものはまず手に取って確かめてみる。商品の良いところも悪いところも見て触ったうえで、良い品物をみなさんにお届けする。WEB屋さんだからといって適当に売ってるわけではありません。

ニワカモン精神で何事も一生懸命に。特に変わったことはしてませんが、脳みそフル回転でスピード勝負!今のところそれがニワカのEC事業です。